AGRAとデータマネジメント

データマネジメントに関するAGRAからのメッセージ

  • データマネジメントはデータ活用の観点から行われるべきです。
    社内外にあるデータを自由自在に取り出し、活用できる環境を維持することが本来のデータマネジメントの目的ではないでしょうか。
  • ERPの理想は情報系でしか実現できません。
    データを一元的につなげるというERPの理想を実現するためには、データ構造の全体最適(情報の完全統合)が必要になります。しかしながら、仮にERPパッケージを導入したとしても、個別に必要なアプリケーションは増え続けます。個別アプリケーションは個別最適を考えるのが必然であり、いつまでたっても全体最適が実現することはありません。
    本当にERPの理想を実現したいのであれば、それは情報系で実現するしか道はないとAGRAは考えます。
  • 情報系でERPの理想を実現するには全体最適を考えた仮想的なモデルが必要です。個別最適の集まりであるアプリケーションのデータを情報系としてどうやって統合し、全体最適を実現するのでしょうか。AGRAは、その答えを「仮想統合モデル」を構築することだと考えています。

AGRAによるデータマネジメントのイメージ

AGRAの利用シーン

プロジェクトを始めるとき

  • 実データを見ながら設計することで成果物の品質の大幅向上が期待できます。
  • 設計完了前にTo-Beモデルを実データで検証することができます。

データを整理するとき

  • 関連情報の整合性チェックが簡単に実施できます。
  • 名寄せの仕組みを短期間で構築できます。
  • 後から新しい分類情報を付加することができます。
  • データクレンジングツールとしても利用できます。

ほしいデータを探すとき

  • データベースのテーブル名やカラム名を知らなくても一般的なことばで目的のデータを検索することができます。
  • 芋づる検索により、リコメンドされる関連項目をたどりながらほしいデータを検索することができます。

BIでのAGRA利用

AGRAでは実際の生データを確認しながらシミュレーションを繰り返すアジャイル的な手法でデータマートの構築が可能となります。これにより、仮説検証プロセスを短時間&低コストで回すことができ、多面的かつ柔軟なBI業務を行うことが可能となります。

BIでのAGRA利用

AGRAによる名寄せ

AGRAでは、辞書機能を活用した情報の仮想統合および芋づる検索機能により簡便に名寄せを実現することができます。AGRAを使った名寄せには次のようなメリットがあります。

  • AGRAを外付けすることで、既存システムを変更せずに名寄せが可能です。
  • 基本的にプログラムを作成する必要がありません。
  • 名寄せを運用する仕組みをAGRAで提供することができます。

詳しくはホワイトペーパー[» PDFダウンロード]をご覧ください。

AGRAによる名寄せ

AGRA資料ダウンロードAGRAに関するお問い合わせ先[TEL]03-6457-8108[受付]平日 9:00-18:00

page top

アグラ株式会社 東京都新宿区新宿1-2-8 国久ビル4F TEL 03-6457-8108 FAX 03-6457-8109

ビッグデータ/Big Data の活用ならマスタ統合・データ管理のアグラ株式会社にお任せください。アグラ株式会社は、仮想統合論理モデル(オントロジー)を用いてデータ統合を行うデータ基盤「AGRA」を提供します。AGRAは仮想的にデータを統合することにより、既存システムを変えず、マスタ統合も行わずに、アジャイルな情報の可視化を可能にします。AGRAはERモデルやオブジェクト指向モデルと相互運用することができ、情報系(BI)システムを論理モデルのセマンティックなレベルで構築することができます。アグラ株式会社は、AGRAの特性を生かし、データクレンジング、データ移行、マスターデータ管理/マスターデータマネジメント/MDM、名寄せ、コード統合などのデータ管理/データマネジメント全般に対するデータコンサルティングサービスを提供し、SCM/サプライチェーンマネジメント、顧客統合、プロキュアメント/調達、マイナンバー制度などに関連した業務の効率化をサポートいたします。

Copyright (c) Agra Corporation. All Rights Reserved.

資料請求

「3ヶ月」データ精製統合ソリューション

Facebook
Facebookページ

AGRAについての動画
AGRAについての動画