仮想データ統合ソリューション Agra Vシリーズ 社内外に散在する”眠っているデータ””使えないデータ”を仮想的に統合。経営資源となる”価値あるデータ”を生成し、容易に利用できる環境を構築します。

特長

仮想データ統合ソリューション Agra Vシリーズは、
「データフェデレーションプラットフォーム Agra VDF」
「データクレンジング/名寄せツール Agra VIQ」で構成されています。
それぞれが備える機能や特性により、
データの統合・活用環境を、無理なく、短期間で実現します。

仮想データ統合ソリューション Agra Vシリーズ

既存のシステムやオペレーションの変更は不要

既存のシステムやオペレーションを変えることなく、容易に導入することができます。
現在使用しているデータベースサーバーへの追加インストールや、新たな専用サーバーの設置など、実際の環境や目的に応じた構築が可能です。
また、主要なデータベースとは簡単な設定でのみで接続できるため、すぐに作業を開始できます。

サーバー共有構成とサーバー独立構成図

データベース開発の専門スキルが不要

データベース開発の高度な専門知識がなくても、欲しい情報を収集するためのデータ検索、および加工、編集が行えます。

  • 簡単なGUI操作で、入力データと仮想アウトプットのマッピングができます。
  • 簡単なオペレーションで変換式の設定や横結合・縦結合ができます。

豊富なアウトプット連携

仮想アウトプットの情報は、様々なクライアントアプリケーションと連携可能です。

豊富なアウトプット連携の例

開発時に便利なシミュレーション

検索・加工編集の結果を見ながら作業を進めることができます。
詳細はこちら

充実したデータクレンジング機能

入力データ上の特定文字列の削除、置換や分割をはじめ、単に前方一致だけでなく、一つの非定型文字列に対してもう一つの値サーチを可能にした部分一致機能を搭載しています。
詳細はこちら

資料請求/お問い合わせ
上へ戻る