FAQ よくあるご質問と答え お客様からお寄せいただく よくあるご質問と答えをまとめました。

FAQは、テーマごとに分類しています。
これからも続々と追加し、アップしていきます。

導入について

技術に関する知識はほとんどないのですが、導入・利用は可能でしょうか?
可能です。
基本的な操作は全てGUI上でするため、専門的な知識は必要ありません。
社内にはデータベースに詳しいエンジニアがいないのですが、大丈夫でしょうか?
既存データベースから仮想の統合アウトプットを出力するまでは、Agra VシリーズとAGRAのエンジニアがご支援いたします。
Agra Vシリーズで出力されたアウトプットに編集を加えたり、物理データに変換したり、新たな物理データベースに移行される際は、データベースエンジニア様にご対応頂く必要があります。
新たにデータベースを導入し、同時にAgra Vシリーズも導入しようと考えています。データベース製品のベンダーとの技術的な連携・調整は、お願いできますか?
個別対応させて頂きます。
同じ企業グループ内のIT企業経由での発注は、可能でしょうか?
はい。
可能です。
導入・利用しているユーザーで、小規模な企業はありますか?
1クライアント以上の小規模ユーザー様でのご導入・ご利用実績もございます。
顧客にAgra Vシリーズの導入を提案したいのですが、企画立案に協力していただくことは可能ですか?
可能です。
弊社までお気軽にお問い合わせください。
Agra VIQの評価版、試用版はありますか?
はい。
ございます。
ライセンス体系は、どうなっていますか?
Agra VDFは1仮想サーバー単位、Agra VIQは1クライアント単位での売切料金となっております。
詳細は弊社営業までお問い合わせください。

製品について

オープンソースのデータベース製品には対応していますか?
Postgre、MySQLなどのオープンソース系データベース製品にも対応しております。
詳細は機能/動作環境ページ、カタログの動作環境欄をご参照いただくか、弊社営業までお問い合わせください。
機能/動作環境
資料ダウンロード
動作環境に含まれていない旧バージョンのデータベース製品
(Microsoft SQL Server、MySQL)も接続・利用したいのですが、やはり不可能でしょうか?
Microsoft SQL Serverは、2005以降が接続対象になります。
2003以前のバージョンでは、JDBCドライバーが異なるため、接続することができません。
またMySQLについては、Ver5.1.10以降が接続対象になります。
JDBCドライバーは接続対象バージョンですが、内部システムテーブルが古いバージョンは存在しないものがあり異なるため、接続することができません。
それぞれのアップデートを推奨いたします。
クライアントOSは、Windowsだけでなく、Linux、Mac、iOS、Androidが混在しています。利用できるでしょうか?
申し訳ございません。
クライアントOSは、Windows以外現状未対応となります。
将来的には対応させて頂きます。
クライアント環境には、AMDのCPUを搭載したパソコンが多いのですが、利用できるでしょうか?
AMD、Intel いずれもご利用可能です。
クライアントのWebブラウザーは、Microsoft Edgeでも大丈夫でしょうか?
Webブラウザーは Internet Explorer 11以降、Google Chrome 31以降のみ対応可能となります。
リモート環境での運用は可能でしょうか?
はい。
可能です。
クラウドへの対応は、どうなっていますか?
現在未対応ですが、2016年12月を目処に対応していく予定です。
現在使用しているデータ統合製品と、Agra VIQを組み合わせて使いたいのですが、可能でしょうか?
CSV出力に対応できていれば対応可能です。
グローバル事業で活用したいのですが、日本語の他、どんな言語に対応していますか?
現在日本語のみの対応となっております。
他言語版もご要望に応じ、随時対応予定です。
Agra Vシリーズとの組み合わせ利用で、おすすめのBIツール、CRMツールはありますか?
製品は沢山ございますので、特におすすめはございません。
お気軽にご相談ください。

サービスについて

当社の営業日に合わせて、土曜・日曜も保守サービスをお願いしたいのですが?
現状は実施しておりませんが、個別対応とさせてください。
全国の各拠点での使用を考えていますが、地方のユーザー向け教育は、実施可能でしょうか??
個別対応とさせてください。

使用・運用について

Excel export/import機能 - multiuserで使用する場合の制約、注意などありますか?
Excelエクスポート/インポート機能を使用する場合の制約としてはの次の2点が挙げられます。
  • ・AUID付きでエクスポート
  • ・instance tableは使用しない
新規登録時を除き、AUIDなしでインポートすると正しく辞書に反映されないケースもあります。
その他、技術的な質問は、どこに連絡すればよいでしょうか?
まずは弊社もしくは弊社営業までお気軽にご連絡ください。
メール宛先:salesinfo@agra-japan.com
資料請求/お問い合わせ
上へ戻る